日本アレルギー協会とは?

日本アレルギー協会は厚生省所管の財団法人として、昭和42年に発足しました。その目的はわが国におけるアレルギー性疾患を中心とした諸問題を総合的に調査、研究し、更にその啓発・指導、その他の活動の推進的役割を努め、国民の保健と福祉に寄与することにあります。我が国のアレルギー患者は国民の 30%を超えると推定され、しかも年々増加の傾向にあり、国民生活に及ぼす影響は多大であります。当協会は、社団法人日本アレルギー学会と共に、その目的達成のために社会的・学術的活動に取り組んでおります。また、アレルギーに悩む人達やその家族に対してアレルギーを正しく理解していただくような講演会・花粉飛散研究などの情報を提供するという社会サービスや医師向け啓発や研究助成を実施しております。 その活動資金はその活動を支援してくださる個人や企業からの寄付が主体であります。構成は東京に本部を置き、全国地区に支部を持って広く展開しております。

東北支部役員一覧

  • 支部長

一ノ瀬正和(東北大学大学院医学系研究科 呼吸器内科学分野)

 

  • 理事

一ノ瀬正和(東北大学大学院医学系研究科 呼吸器内科学分野)

山内 広平(岩手医科大学 呼吸器・アレルギー・膠原病内科分野)

三浦 克志(宮城県立こども病院 総合診療科)


▲このページのトップに戻る